職場で攻撃してくる人への対処法はコチラです【人間関係】

攻撃してくる人の対処法

おかえりなさい!!

今回は「職場であなたを攻撃してくる人への対処法」について解説したいと思います。

前回の「職場でいじめが起きてしまう理由」という記事を見てないなら、そちらを先にご覧くださいませ。

職場いじめが起きてしまう理由【人間関係】

前回の記事での、大事な部分を復習をしておくと

  • 攻撃されるのは、相手から「弱い」「有害」だと思われてるから
  • 攻撃してくる人、通称ジャイアンには「2種類のタイプ」がいる

ということでした。

で、今回は引き続き『離れたくても離れられないあの人から「攻撃がなくなる本」』より、職場にいるジャイアンの超具体的な対処法を6ステップで解説していきます。

この対処法はすごいですよ!!

だいたいのビジネス書って抽象的な対処法しか書いてないんだけど、

この著書には具体的なジャイアンの倒し方が載ってます。

さらに凄いのは、どんなジャイアンにでも使える普遍的な対処法

パワハラ上司に苦しんでいた会社員や、モラハラ夫に悩まされていた主婦など多くの人が実践して、平穏な日常を取り戻しています。

まさに、のび太がジャイアンに下克上する禁断のテクニックなんよね。

ただ、はじめに断っておくとこれは最後に使うべき秘策です。

職場のいじめはなかなか解決するのが難しいし、できたとしても険しい道のりになります。

できれば、人事に相談して職場を変えてもらったり、転職をしてそんなクソ野郎とはおさらばするのが一番早くて、傷つかずに済むんですよね。

それがどうしても無理で、ジャイアンから離れることができないし、話の通じる相手ではないという君にとっては、この対処法が救いになるはずです。

最後まで見て実践してもらえれば、必ず効果があります!!

僕も実際にやってみて、その効果を肌で感じてます。

それでは、早速いってみよう!!

STEP1. 悪人のマインドを持て!

悪人のマインド

まず、全ての土台となる「マインド」についてです。

君はこれから平穏な日常を取り戻すために、凶悪なジャイアンに立ち向かっていくわけです。

きっと怖いと思います。

そりゃそうですよね、理不尽に攻撃をしてくるクレイジーな人とは、できるだけ関わりたくないのは当然です。

でも、君が本当にジャイアンの攻撃を止めて平和に生きたいのなら、対処法を覚えるだけでなく、唇を噛み締めて実践しなければ意味がないんです。

じゃあ、どうすれば実践できるようになるのか。

その答えは、良い人をやめて「悪人」になることです。

「おいおい、自分もジャイアンになるなんてごめんだよ」と思うかもしれないです。

確かに、攻撃の腹いせに自分も誰かに嫌がらせをするなんて、イヤですよね。

やってることはジャイアンと同じですし、「やられたらやり返す、倍返しだッ!!!」と半沢直樹節を炸裂しても、実際は争いしか生まないです。

ここで言う「悪人になる」ってのは「悪人の意識を心に秘めて相手に接する」ということです。

なぜなら、君の中に「自分はいい人でないといけない」という意識がある限り、ジャイアンから攻撃されるたびに自分を責めてしまうから。

例えば、入社したての職場で「お前は本当に仕事できんな」と無能上司から言われたとします。

まあ、そりゃ新人のころは誰だって仕事はできないです。

なのに真面目でいい人ほど

「そうか、仕事ができない自分が悪い…」

と真に受けて自分を責めてしまう。

これでは、理不尽なジャイアンに立ち向かうことはできません。

なので、まずは自分が「きちんとした人、いい人でないといけない」という思いは、ゴミ箱に捨ててください。

そして、次からはこうです。

「いや、あなたは部下とのコミュニケーションができてないでしょ…ハゲ」と思いましょう。

目には目を、歯には歯をじゃないですけど、

こんな感じで自分には悪人的な一面もあって当然だと受け入れることで、むやみに傷つくことはなくなります。

いつもいい人であろうとするマザーテレサ的姿勢はすごい素敵なんですが、ジャイアンの前では自分を追い詰めるだけです。

悲しいことに、僕たちは聖人でもなければ、ズルムケでもありません。

胸を張って、悪人のマインドを持ち、皮がかぶってることを受け入れましょう。

そして、これは今後のステップを罪悪感なく遂行していくためでもあるんよね。

ジャイアンに対して悪人のマインドを持てば「こんな対応をして悪いな、かわいそうだな」とかいう良心が消し去ります。

「あんな奴に優しくする必要ないわ」ぐらいのスタンスじゃないと、君のメンタルがやられるよ。

この悪人マインドを持った理想の人物ですが、

「デスノートの夜神月」をイメージするといいです。

夜神月は、Lに対して、敵対的な行動や態度はしないけど心の中では世界征服を企んで着々と動いてますよね。

この姿勢がいじめを回避するのに理想的です。

なのでこれからは自分のために「いい人であるべき」という縛りは捨てて、夜神月のような悪人マインドを持ちましょう。

STEP2. 無関心になれ!

無関心

このステップでは、相手への認識をバッサリ変えてもらいます。

このステップの最終ゴール、それは「ジャイアンに無関心になる」こと。

ぶっちゃけ、世の中の悩みってほとんどが、関心や意識を向けすぎてるから生まれるんですよ。

夜寝るときに「寝よう寝よう」と思ってると眠れないけど、リラックスして無心になればスッと眠れますよね。

なので、ジャイアンに対しても無関心になれば、無駄に悩むことがなくなります。

ただこれが、なかなか難しいんですよね。

なぜなら、無関心になろうとすると2匹のお邪魔虫が君を苦しめるからです。

1匹目. 期待虫

期待虫

良い人あればあるほど、攻撃的な相手への期待を捨てれないんすよね。

例えば、

「上司は愛情を持って部下を指導するものだ」

「友人同士は、気遣うものだ」

とか相手に対して、何かしらの期待をもってないですか?

僕が思うにこれらの期待を持てる人は、優しくて心が綺麗なんですよ。

みんな違って、みんないい人だと信じて疑わない。

その考え方はとても素敵で、僕は大好きです。

ただ厳しいことを言うと、あなたが攻撃され続けている時点ですでにその期待は裏切られてます。

いじめを繰り広げる人は、いい人どころか他人の人生を踏みにじる極悪人ですよ。

そんな人に君がいくら期待したところで、相手が変わることはないです。

いじめ問題を解決する方法はただ1つ。

相手を変えようとせずに、君自身が変わること。

なのでジャイアンに抱く期待をはいったん切り離していこう。

2匹目. ムダな感情虫

無駄な感情虫

ジャイアンから攻撃されると様々な感情が、君を支配してきます。

感情に支配されてしまうと、思ったように行動できなくなります。

中でも特に厄介なのは「憎悪」「承認欲求」「罪悪感」の3つ。

こいつらは、相手に大きな関心があるからこそ生まれてきます。

攻撃してきた相手に対して「こいつだけは絶対に許せない」という感情から憎悪が生まれ、

「自分はダメだから、もっと認められるようになりたい」と思ってしまうと承認欲求になり、

「怒らせてしまった自分が悪いんだ」と感じれば罪悪感になります。

これらの感情虫は邪魔なので早急に駆除しましょう。

と言ったところで「それは、もはや僧侶の域だろ。自分には無理だわ」と思うかもしれない。

確かに、一筋縄ではいかないですが、必ずできます。

基本スタンスとしては、相手の存在に心底「冷めちゃう」こと。

つまり攻撃してくる相手のことは、はっきりいってどうでもいい。

でも相手が自分に実害を及ぼす部分には、自分のために冷静に対処していくという感じです。

極端に言うと「その人がいつ死のうが、100歳まで生ようが、もうどうでもいい」という認識でOKです。

ここで気をつけるべきは、相手の攻撃にまで無関心になってひたすら我慢するのではないです。

それができるのは鋼のメンタルでおなじみガンディーぐらいなので、君は攻撃にも意識を向けてください。

「んー難しいなー」って人は、相手のことを「吹き出物」だと思うとめっちゃ効果的ですよ。

ところで、吹き出物を治す一番のポイントってなんだと思いますか?

正解は、薬を塗るとき以外、触らないこと。

吹き出物があると、つい気になって触ったり潰しがちですが、必要以上に触れると悪化するだけですよね。

ジャイアンもこの吹き出物と同じなので、必要以上に関わろうとしないこと。

なんか人前で緊張しないためのアドバイスで「観客をかぼちゃだと思え」とかいう謎なやつあるじゃないですか。

その要領で、これから職場で攻撃的な人を見るたびに「おい、クソでけえ吹き出物が歩いとるぞ」と思いましょう。

自然と近づきたくなくなります。

こんな感じで攻撃的な相手への期待と無駄な感情は捨てて、無関心になることが大切です。

STEP3. 反応を減らせ!

反応を減らせ

ここまで基本的なマインドは悪人になり、相手に無関心になろうというお話でした。

さあ、これで武器は揃いました。

ここからは攻撃されなくなる具体的なアクションをお伝えしていきます。

いざ出陣ですッ!!

まずは、攻撃的な相手への反応を最低限に減らすこと。

具体的に言うと、自分の感情や人間性を隠して接するということです。

一旦ここで考えてほしいのが、どうして君はいつも攻撃されるようになったのか。

これ言葉を選ばずに言っちゃうと、君が今までの行動や態度を通じて「本当の自分」を攻撃的な相手に見せてきたからなんです。

攻撃される要因は相手に「弱い」もしくは「有害」だと見なされてしまうこと。

なので、攻撃されてるということは、君の本当の自分が相手にそう見られてしまってるんですよ。

人間は十人十色でそれぞれの良さがあります。

なので、この人間性が良い悪いなんてことを言うつもりは全くないです。

ただクレイジーなジャイアンから攻撃されてしまう原因の一つは君の「本当の自分」だと言うことです。

なので、まずはあなたが見せていた「本当の自分」を隠してください。

「でも、自分を隠すのは罪悪感がある」という人もいると思います。

そこで、大切なのがSTEP1で説明した「悪人のマインド」です。

「お前に自分を見せる必要ねえんだよ。口くせえなッ!!」ぐらいに思っていいです。

ジャイアンは弱そうな人を攻撃をして、相手がビクビクしたりヘコヘコしてくることに快感を覚えます。

なのであなたの感情が隠れると、ジャイアンは「こいつはいじめても面白くない」と関心がなくなっていきます。

んで、これ凄いのがひたすら感情を隠し続けるとジャイアンが

「こいつは何を考えているのか分からない…」

と謎の怖さを感じはじめます。

確かに、喜怒哀楽が少なくて、感情が分からない人って怖いんすよね。

こうなると、さすがのジャイアンも手を出せなくなります。

「で、感情を隠すって具体的になにをしたらいいの?」って思いますよね。

さあ、ここからは実際に職場で実践するときの具体的なアクションを解説します。

とりあえずこの行動をしていれば感情が分からなくなるよって行動です。

それがこちら。

  • 普段は「穏やかな表情」
  • 怒られてる時は「悔しい表情」
  • プライベートな会話は避ける
  • 朝の挨拶は毎日にこやかに行う
  • 仕事が終わったら速攻で帰宅する

詳しく説明すると、まずジャイアンの前では、穏やかな表情で微笑んでください。

ただし怒られたきは、微笑むと相手に有害だと思われるので「悔しいです!」という無念な表情に切り替えましょう。

そして、極力プライベートな会話は避けること。

最後に朝の挨拶は毎日にこやかにして、仕事が終わったら早々に帰ってフィニッシュです。

このように、あなたがジャイアンにとって「攻撃してもおもんない人」になること。

自分自身のために感情を隠し、最低限の反応だけするように心がけてください。

STEP4. 言葉を減らせ!

言葉を減らせ

さあ、次は相手に対する言葉を減らすこと。

君はついジャイアンへの恐怖心からご機嫌を取ろうと喋りすぎちゃってませんか?

これ実は火に油どころか、大量の酸素送り込んでるようなもので、さらにいじめが加速しちゃいます。

なぜなら、いじめや攻撃のきっかけは、ほとんど会話の中から生まれるからです。

ジャイアンは「三度の飯よりいじめ」をモットーに、あなたの会話からいじめに繋げられないか常に探ってます。

なので、「会話」そのものを減らすことがイコール、ジャイアンの攻撃チャンスを減らすことにつながるんですね。

そして、これが職場で実践するときの具体的なアクションです。

  1. 基本的に寡黙な人として「沈黙」を貫く
  2. 自分から話しかけない
  3. 仕事関係で話すことがあれば、発言は短く、穏やかに言い切る
  4. 自信を持って堂々と話す

ジャイアンと一緒にいるとき基本的に寡黙な人として「沈黙」を貫いてください。

悪人のマインドで自分から話しかけるのはやめましょう。

喋らなければいじめのきっかけができないので、ジャイアンも手出しできません。

もし仕事関係で話すことがあれば、発言は短く、穏やかに言い切ることが大切です。

「お前、顧客にアポ取ったのか?」

「はい、取っています。」

みたいな感じで。

絶対におどおどしたりせず、自信を持って堂々と話してください。

すぐに自信を出す方法については、こちらの記事を参考にしてください。

いますぐ自信がついちゃう科学的な方法

こんな感じでジャイアンとは必要最低限の会話だけに留めましょう。

STEP5. 接点を減らせ!

さあ、このステップでは、相手との接点を減らしていきます。

ここまでは「悪人」の意識で相手に無関心になり、反応と言葉を減らしました。

次は、相手との物理的な距離をとっていくステップです。

そもそも、いじめを受けてしまうのは会話をするしない含めて、君がジャイアンの近くにいるからです。

サバンナの子鹿も、1km先のチーターに食われることはないですよね。

極論言うと「ジャイアンと同じ空間にいるから攻撃される」という物理条件自体をなくせば、攻撃されないんです。

なので、ジャイアンとは少しでもいいので距離を置くようにしてください。

「でも、それが上司なら部下は管理される立場だし無理じゃん」と思うかもですね。

でも、本当に何もできないですか?

仕事中のできごとを振り返ったら、意外と必要以上に接点を持っちゃってるんですよね。

例えば、上司を気づかって、出社や退社時間を合わせてるとか。

上司が昼食にでてから、自分も昼食にでてるとか。

これ言葉を選ばずに言うと、攻撃されるきっかけを自分で作っているようなものです。

ここでも悪人のマインドで「なんであのハゲに自分が合わせる必要あるんや」と思って、やめていきましょう。

業務中は常に「境界線を引く」という意識を持っておくといいです。

相手との境界線を引いて、できる限り相手の目の届かないところにいること。

そして、相手に用があってその境界線に仕方なく入るときは、素早く用を済まして、素早く出ること。

このように物理的な接点どんどん減らして、攻撃される機会を自分でなくせばもうこっちのもんです。

STEP6. 継続せよ!

継続

お疲れ様でした。

いよいよ最後のステップです。

それは、今までの対処法をいじめがなくなるまで継続すること。

「いや、そんなの当たり前でしょ」と思うかもです。

でもこの継続することって一番難しいですよ。

ここまでの対処法は一つ一つ小さなものなので、すぐに効果を発揮するというわけじゃないんです。

継続して変化を積み重ねていくことで、確実に効果が表れてきます。

今ジャイアンから攻撃を受けて、辛い思いをしている人はガッカリしたかもしれないですね。

少しでも早く攻撃から解放されたいと思う気持ちは痛いほどわかります。

確かにいじめは根深い問題なので、今日、明日ではなくならないです。

ですが、1日、1週間、1ヶ月と続けることで確実になくなっていきます。

そして継続することはいじめをなくすだけでなく、君がジャイアンという断崖絶壁を乗り越えて成長することでもあります。

今までは、ジャイアンにやりたい放題されて人生の主導権を握られていました。

ですが、自分のために変わると決心して対処法を実践していくことは、君自身が自分の人生を動かしていくということです。

継続したその先には、必ず平穏な日常と一皮向けた自分が待っています。

だからこそ、今回の対処法をしっかり継続していきましょう。

まとめ

最後に、この対処法をまとめると、こんな感じです。

  1. 「悪人」のマインドを持つこと
  2. 相手を吹き出物だと思って「無関心」になること
  3. 無駄な「反応」を減らすこと
  4. 必要ない「言葉」を減らすこと
  5. 物理的な「接点」をなくすこと
  6. 以上のことを「継続」すること

これらの対処法を一言でまとめると、「キラになれ」です。

デスノートの夜神月のように、目的達成のために自分を隠して淡々と行動してくださいね。

たださっきも言ったけど、いじめは今日、明日ではなくならないです。

もしかしたら、あなたの変化を感じたジャイアンが攻撃を強める瞬間があるかもしれない。

ですが、そこで「失敗だった」と諦めず続けていくと「感情を隠して淡々と関わる」ことが普通になってきます。

そうして気づいたときには、相手から攻撃されなくなっているものです。

君が一人でジャイアンと戦う、これはかなり険しい道のりになると思います。

なんども挫折しそうになるかもしれません。

でも大丈夫。

君には、僕がついています。

辛いとき、苦しいときはなんどもこの記事や、YouTubeの動画をみてください。

僕のSNSに直接、相談してもらってもいいです。

無理はしないように、少しずつ自分の人生を取り返していきましょう。

君の人生のために。

今回参考にさせていただいた本は、以下になります。

参考 離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本amazon

対処法がもっと詳しく分かるので、気になった方はぜひ手に取ってみてください。

それではおやすみなさい。

今日はいい夢が見られますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です