ブラック企業の見抜き方!5つの特徴を徹底解説

今回は「ブラック企業を見抜く方法」について分かりやすく解説します!

就職活動や転職活動をするときに自分の受ける会社がブラック企業かどうかってすごい気になりませんか。

「どこ受けるかはハッキリ決まってないけど、ブラック企業だけは絶対に嫌だ」って人、多いと思います。

確かに、知らず知らずのうちにブラック企業に入ってしまうと結果的に心を病んでしまったり、過労死につながってしまったということが現代でも頻繁に起きています。

これを見てくれている君には自分に合った企業に就職して、笑顔で働いてほしいです。

なので、これからブラック企業かどうかを事前に見抜くポイントを求人票と面接の2パターンに分けて詳しく解説していきます。

最後まで見て見抜く方法が分かれば、ブラック企業を事前に回避することができると思うのでぜひお楽しみください。

それでは行ってみよう。

ブラック企業とは

まずブラック企業の定義ですが、実はこれハッキリと決まってないんですよね。

厚生労働省でも特に定義はされてないんですが、一般的に言われている特徴は3つあって

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 企業全体のコンプライアンス意識が低い(賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど)
  • 最後に「このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

ってことなんですが、分かりにくいですよね。

なので、これを分かりやすく5つにまとめると下のようになります。

  1. 残業が当たり前で労働時間が多い
  2. 休日が極端に少ない
  3. 他社に比べて明らかに年収がおかしい
  4. パワハラ・セクハラが横行していて、対策などがされていない
  5. 過度なノルマ主義

今回は、このような要素を持っている会社を「ブラック企業」と定義して、

求人票と面接で見分けるポイントをそれぞれまとめていきます。

求人票で見抜く方法

まずは、会社の採用ページを含めたHPの情報、

それから転職サイトに掲載されている求人票求人広告から見抜く方法をお伝えします。

これが分かれば、その企業に応募する前にブラック企業かどうかが判断できるので無駄に地雷を踏まずに済みます。

なので、ぜひここは集中して聞いてほしい内容です。

見分けポイントは全部で5つあって、それが以下です。

  1. 採用数が不自然に多い
  2. 給与が低すぎる or 高すぎる
  3. みなし残業制や年棒制
  4. 抽象的な言葉や見慣れない横文字に溢れてる
  5. 精神論や仲間アピールが激しい

一つずつ解説していきます。

採用数が不自然に多い

事業が成長していて一時的に採用人数を増やしている企業は問題ないのですが、不自然に採用人数が多い場合は注意してください。

例えば

・企業の社員数に対して、募集人数の割合が約3割以上

だとか

・採用条件がゆるすぎる

とか

・いつ見ても、常に大量募集をかけている

とかが記載されてる時は要注意ですね。

なぜなら、できるだけ多くの人を採用してからふるいにかけて大量に脱落させたり、何らかの理由により辞める人が多くなっているなどの危険があるからです。

こういった会社は従業員を捨て駒だと思ってるので、とにかく人の質より量を重視して採用します。

特に気をつけてほしいのは、なかなか内定が出ずに焦っている人。

早く就職しなきゃという強迫観念から、すぐに受かりそうな大量採用している会社に引っかかりやすいので気をつけてください。

「でも、大手の求人サイトやエージェントならしっかりしてるし大丈夫だろ」と思ってるんじゃないですか?

残念ですが、大手でも平気でブラック企業を紹介しています。

就職を支援するエージェントは、自分の会社を介して就職が成立すれば報酬が得られる仕組みになってます。

できるだけたくさんの人を就職させてお金を稼ぐことがエージェントの使命なんです。

なので「本人が望んだ」という形にして、ブラック企業への入社を後押しするケースも多々あります。

だからこそ、ブラック企業かどうかを僕たちで判断して、自分の身は自分で守るしかないです。

給与が低すぎる or 高すぎる

まあ明らかに給与が安すぎるのは、ブラック企業だとすぐに分かりますよね。

これは法律で定められた最低賃金を下回る「違法労働」の可能性があるのでまっくろくろすけですが、まず受けようとも思わないで大丈夫かと思います。

問題なのは、月収100万円など給料が高すぎる求人です。

この場合もブラック臭がプンプンします。

何も知らなければ「いや普通に高待遇だし、良さそうだけどな」と思うかもしれません。

なぜヤバイのかというと、他社と比較して不自然に高い金額を給与として記載しているのは、厳しいノルマを達成した場合の特殊な例をピックアップしてるかもしれないからです。

こういった会社は過度なノルマ主義で入社後に成果を出さないと、半端なくプレッシャーをかけられる可能性が高いので要注意です。

給与表記が「みなし残業制」や「年棒制の会社」

基本給の金額や残業代がはっきり記載がない会社は、「みなし残業制」の悪用や残業代不払いなど違法労働を行なってる可能性があります。

また、給与以外に手当や休日などの福利厚生に関しても情報が不足している場合はかなり怪しいです。

募集要項の情報が全体的に不足してたり、リアルな労働条件がほとんど分からない会社は辞めときましょう。

それでも受けたい場合は、怪しいポイントをメモしておいて、面接でしっかりと確認しましょう。

「でも、面接で”給料や休みについて質問するのは悪印象なのでNG”って聞くし確認できないよ」と思うかもしれません。

正直に言うと、そんな忖度は必要ないと思います。

就活のマニュアルにはよくそう書かれていますが、大切なのは会社に受かることではなく自分にあった会社で働くことです。

もし怪しいポイントを質問して、面接官が嫌な顔をしたり、きちんと答えられなかったりする会社は何かウラがあるはずです。

その時点で入社するべきではないので、気になるところはガンガン質問していきましょう。

抽象的な言葉や見慣れない横文字ばかり

求人票には、危険ワードが潜んでいます。

この危険ワードが記載されている会社はかなりの確率でブラックなので気をつけてください。

まずは、抽象的な言葉ばかりの会社

例えば
「やりがいある仕事!」「アットホームな社風!」「若手が活躍!」といった抽象的な言葉を多用している会社は要注意です。

こういった会社は、アピールできる具体的な実績や長所、商品やサービスの強みがない場合がほとんどです。

だから聞こえのいい言葉を使って、なんとか字面だけでも良く見せようとしてるだけなので騙されないでくださいね。

あと、事業内容や仕事内容を見ても、イメージの良さそうな横文字ばかりで何をしているのかよくわからない曖昧な場合も要注意です。

例えば

「お客様サポート」「フィールドスタッフ」「幹部候補生」など、具体的な業務内容がイメージできない職種もアウトです。

なぜなら、これらは多くの人から避けられがちな業務をうまく言い換えているパターンがほとんどだからなんですよね。

入社してみるとお客様サポートが、実はクレーム対応だったりとか

フィールドスタッフは、実はただの外回り営業だったりとか

幹部候補生は、実はただの店員だったり、

上手く違う言葉で表現して、応募者を増やそうとしてるんですよね。

別にクレーム対応が悪いとか、営業はやめとけと言った話ではないです。

ただ、自分のイメージしていた仕事と違ってたなんてことはできるだけ避けた方が良いよってことです。

なので、業務内容について曖昧だったり詳しい説明がない場合は、自分から会社に確認しましょう。

精神論や仲間アピールが激しい

求人票に情熱・やる気・元気などの気合系の言葉に溢れてる会社も要注意ですね。

なぜなら企業の価値観が、残業や休日出勤はやって当たり前といった精神論が横行している可能性があるからです。

そして社員旅行や休日の社員交流などの写真が載っていたりと、仲間アピールが激しいときも気をつけてください。

一見仲が良くて働きやすいような職場かと思いますが、実は入社したら職場の人は全員家族だと言わんばかりにオンオフ問わずに付き合わなきゃいけない雰囲気だったりします。

またそういった写真は横文字パターンと同様に、他にアピールできるものがないから載せていることもあるので注意してください。

以上、5つのポイントが求人票やHPの情報から分かることです。

ただこれらの特徴はブラック企業の可能性が高いだけで、中には当てはまっていても優良な企業があるかもしれません。

その点はご了承ください。

それでも求人票やHPの情報を見る際はこれらのことを頭に入れて、疑いの目を持つことでブラック企業に当たる可能性はぐっと減ると思うのでぜひ活用してください。

面接で見抜く方法

次に実際に面接を受けた時に、ブラック企業かどうかを見抜く方法をお伝えします。

これも全部で5つあるのでサクッとご紹介します。

それが

  1. 人事のテンションが無駄に高い
  2. 直属の上司が面接にいないか、印象が悪い
  3. 内定がすぐに出る
  4. 面接で雑談がやけに多い
  5. すれ違う社員の顔が死んでいる

です。

また一つずつ解説していきます。

人事のテンションが無駄に高い

ブラック企業はすぐに人が辞めていくので、採用活動に主なコストや人を使います。

そのため、仕事がバリバリできるエース社員や、美男美女が人事や面接官に採用されることが多いんですね。

なので、ブラック企業では必然的にテンションが高かったりポジティブな人が説明会や面接に現れます。

そして、これらの人たちは会社の中で結果を出していたり、容姿が良かったりと優秀さ目立つので

面接を受けに来る人たちが

「自分もこんな人になりたい」

「あんな人と働きたい」

と夢を見て、入社したい気持ちになります。

こういう人事に惹かれて入社する人はたくさんいますが、入社してもその通りになるかは分かりません。

その人たちと配属が同じになるかは運次第だし、一緒になったとしてもずっと働けるわけではないですよね。

なので、表面的な良さに惑われずに会社を判断することが大切です。

直属の上司が面接にいない、もしくは印象が悪い

直属の上司が面接に登場しない場合は、その会社の組織形態に問題ありです。

どんな理由があるにせよ、その時点で切っていいと思います。

気にすべきは、面接に現れた直属の上司になる人の印象が悪かったときです。

直属の上司は一番影響がある人物なので、ブラック企業関係なく相性が良い悪いはかなり重要です。

できれば「この人のもとで働きたいな」と思える会社が理想ですが、上司の中には面接だけ取り繕って、実は嫌な人だったなんてこともあるのでよく観察してくださいね。

内定がすぐに出る

しっかりしている企業は、一定の選考基準を設けています。

なぜなら、応募者を合格にするか、不合格にするかといった理由を上司や次回の面談者に伝える必要があるからです。

それがブラック企業になると、とにかく人を集めて採用数を増やすことを重視しているので採用基準をできる限り下げています。

もう採用の評価基準なんて、あってないようなものなんですね。

その結果、すぐに内定が出るんです。

なので、「面接で全然手応えがなかったけど、なぜか受かった」という人は注意してください。

面接でやけに雑談が多い

先ほども話しましたが、ブラック企業は採用基準が低いので面接官は志望動機とかキャリアプランとか聞かなくてわけです。

なので、本人が話しやすくて盛り上がりそうなことを聞いてきます。

それが趣味や特技、学生生活の思い出といったテーマになるので雑談になるんです。

そうやって面接での印象が良ければ「話しやすかった」とか「良い会社だな」と感じて、入社してもらえる確率が上がるわけです。

なので、面接の場で必要ないことを無駄に話させようとする会社も要注意ですね。

すれ違う社員の顔が死んでいる

1つ目のポイントで言いましたが、受付や人事は明るくて優秀な人が多いです。

なので、そういった人からブラック企業かどうかを見分けるのはなかなか難しいんですよね。

そこで、他の社員が参考になります。

別に他の社員は無駄に取り繕う必要がないので、その会社の雰囲気がよく分かります。

例えば、

・すれちがった人の顔が死んでる
・挨拶をしても返してこない

など、そんな人が多い会社はかなりブラック臭が漂っているので気をつけてくださいね。

今日の社畜に送る名言

「好きな仕事をゆかいにやっていくことができれば、どんな苦労も楽しみとなる」ーエジソン

発明王 エジソンの言葉です。

ここまでブラック企業について散々話してきましたが、実際ブラック企業かどうかというのは君のものさしで決まります。

どんなに長時間労働で給料が低くても、自分が満足して心の底から楽しいと思える仕事であればブラック企業にはなりません。

これは別にブラック企業を推進してるわけじゃないです。

ここで言いたいのは、いくらブラックな業界や会社だと言われていたとしても自分がそっちに向かっていきたいのなら、チャレンジしてもいいんだよということです。

人生の目的は「幸せ」になること。

会社や仕事はそのためのツールでしかないので、ぜひ満足できる仕事を見つけて充実した日々を送ってくださいね。

君が笑顔で働けることを心より願っています。

それではおやすみなさい。

今夜はいい夢が見られますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です